Akane KAMIYA textil blog

<< ペチカで染色… | TOP | Merry Christmas! >>
黄葉と染色…

朝晩は特に冷えるこの頃、
木々の葉は紅や黄色に色づきハラハラと宙を舞います。
先日ゲレップで染めた絹糸はまさに黄葉した樹木と同じ色。
鮮やかで濃い黄色が、絹の光沢で黄金のようです。

糸巻きを終え、今日から経糸の準備です。
カーテンレールをガイド代わりに整経。

私の中で黄色は明るく前向きなイメージのある色。
太陽とか、光とかが思い浮かびます。

沖縄では琉球王朝の象徴でもあり、黄色は王族の色でした。
中国やタイ、インドでは神聖な色として扱われている反面、中世以降の西洋、キリスト教ではあまり好まれない色でもあります。
日本で黄色の染料といえば刈安、槐、鬱金や梔子など、沖縄で黄色といえばフクギでした。

ゲレップははじめて使った染料ですが綺麗な黄色に満足です。
緯糸では違う媒染剤を使用するので経糸とは違ったゲレップの色が楽しみです。


| 素材のこと(染料) | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.akanekamiya.com/trackback/105
トラックバック
Search this site