<< 展示会、お礼… | TOP | 2016! >>
12月、刈安染め…
寒さでなかなか腰のあがらないこの頃。
ようやく経糸の染色です。
iPhoneImage.png
今年はいつもより遅いスタートになってしまったので、12月は大晦日まで制作に追われること間違いなし…

iPhoneImage.png
今回使用する染料は刈安。
着物で使うのははじめてです。
なぜなら、刈安、濃い色を出すために150%o.w.fで染めるので、家庭用のコンロで煮出すには量がとても増えてしまう!
この軽い全草が糸量400gだと染料600g、結構な量です。

刈安はススキに似たイネ科の多年草。
多色性染料で、黄色系のフラボノイド類に属します。
多量に採ることができるためか、日本では庶民の衣服に使われていたであろう記述が日本書紀にも残っているそうです。

刈安の黄色は明礬ではなく灰汁での媒染でより良い発色を得ますが、今回私は黄色ではなく酢酸銅と木酢酸鉄の媒染でオリーブ色を目指します。

年内には織りはじめたい一心です。



| 素材のこと(染料) | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.akanekamiya.com/trackback/136
トラックバック
Search this site