Akane KAMIYA textil blog

<< 豊田市民芸館 | TOP | BRIO展 >>
やまもも
楊梅の実が暗紅紫色に熟す季節。

直径1〜2cmの苺のような果実、甘酸っぱくておいしいです。
消化を助け整腸の効果があり、樹皮は下痢や解毒の漢方薬にもなる万能。



樹皮は染料になり、奈良時代から使われていたようです。
黄色から茶色系の色に染まり、主成分はタンニン。
別名では"桃皮"や"渋木"と呼ばれ、
明治20年代初にエキスが製造販売されるようになります。

どこにでも自生していると思っていたのですが、
意外と見ないものです。


| 素材のこと(染料) | comments(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.akanekamiya.com/trackback/91
トラックバック
Search this site